2019年3月29日を持ちまして、展覧会は終了いたしました。ご来場いただきありがとうございました。

The exhibition has come to an end on 29 March 2019. Thank you for your visit.

京都織物卸商業組合 50 周年記念特別展覧会

京都経済センターこけら落とし事業

2019.3.16sat▶︎29fri

OPEN 10:00~18:00(会期中無休)

​京都経済センター2F  京都産業会館ホール 

主催:京都織物卸商業組合、京都商工会議所

共催:京都府、京都市、(公社)京都染織文化協会、(公社)京都工業会、

            京都信用保証協会、(一社)京都産業会館

後援:経済産業省、NHK京都放送局、(一社)京都経済同友会

 
 

お知らせ

開催概要

The KIMONO : Styled & Restyled

—ファッションとしてのきもの 1300 年— 

会期:2019年3月16日(土)~3月29日(金)(会期中無休)
会場:京都経済センター2F 京都産業会館ホール

 

入場料:一般800円 学生500円 中学生以下は無料

※きもので来館された方は一般の方も500円で入館可能
 
主催:京都織物卸商業組合、京都商工会議所
共催:京都府、京都市、(公社)京都染織文化協会、(公社)京都工業会、京都信用保証協会、(一社)京都産業会館

後援:経済産業省、NHK京都放送局、(一社)京都経済同友会


監修:深井晃子


問い合わせ:075-353-1010(京都織物卸商業組合)


     
 

本展覧会は一部を除き撮影可能です。 


・三脚や一脚等のご使用はご遠慮ください
・フラッシュ撮影はご遠慮ください
・混雑時は撮影をお断りする可能性があります

注意事項をご確認のうえ、SNSなどの投稿をお楽しみください。 

​撮影OK

アクセス

アクセス:
京都経済センター2F 京都産業会館ホール
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番


電車:地下鉄烏丸線 四条駅
   阪急京都線 烏丸駅から徒歩2分

バス:京都市バス 四条烏丸 よりすぐ

 

The KIMONO : Styled & Restyled とは

日本独自の文化である「きもの」には、現代の装いにも通じる様々なアイデアやヒントが溢れています。本展は、芸術的な表現にとどまらない、「ファッション」としてのきものの魅力に焦点を当てた展覧会です。古代から近世までのそれぞれの時代に輝いた女性たちの、復元されたきものが豊かな着る文化の歴史を物語ります。伝統的な色や柄、重ね着、帯や小物などをコーディネートし、スタイリングした展示は、これまでにない新鮮な驚きと発見に満ちています。これに現代・未来のきものを加えて、そこからきものの新しい方向を探ります。

"ファッション"という 画期的な視点から きものの歴史を総覧

京都染織文化協会の所蔵する奈良時代~江戸後期の衣装は、昭和初期に当時最高の有職故実、染織の研究者と職人が結集して正確に復元された貴重な衣装です。これを服飾史家・深井晃子氏の監修のもと、時代ごとに、付随する小物とともにスタイリング展示します。当時の生き生きとしたきものの装い方は、これまでにないきものの魅力を引き出します。近代のきものは、千總所蔵の婚礼衣装と着用写真、他を展示。さらに、これからのきものとして新進気鋭のファッション・デザイナー中里唯馬氏がこの展覧会のために制作した新作を披露します。また映像や音に加えて、香りを楽しんでいただける展覧会です。

展覧会キュレーター

深井晃子(ふかいあきこ)氏

服飾史家。西欧の服飾史から現代ファッションまでを論じることができる服飾研究の第一人者。

お茶の水女子大学大学院修士課程修了。パリ第4大学に留学。「モードのジャポニスム」、「Future Beauty」他のファッション展を国内外でキュレーションし、高く評価される。

京都服飾文化研究財団理事、名誉キュレーター。

著書に『ファッションから名画を読む』PHP研究所2009、『きものとジャポニスム』平凡社2017(第39回ジャポニスム学会賞受賞)他、2008年文化庁長官表彰、2011年京都市芸術文化功労賞受賞他。

 

​開催予定のイベント

京都織物卸商業組合50周年の展覧会開催を記念し、本展覧会キュレーター深井晃子氏をはじめとした各界を代表する方々による対談、宮廷衣装の着せ付け等のイベントを開催します。

3月19日(火)  17:00-18:00 

定員に達したため募集終了

対談「きもの談義:日本のきもの、西欧のKIMONO」

日本のきものは世界中で愛されています。東と西の眼から、きものの魅力とは?について語り合います。

登壇:長崎巌氏(日本服飾研究家)×深井晃子氏(本展覧会キュレーター西洋服飾研究家)

3月22日(金)  17:00-18:00 

定員に達したため募集終了

対談「未来の衣服ときもの」

きものは、長い歴史の延長線上に大きな可能性をひめています。

ボーダレスに活躍する気鋭の二人が描くこれからのきものとは?

登壇:中里唯馬氏(デザイナー)×細尾真孝氏(株式会社細尾 常務取締役)

3月26日(火)  17:00-18:00 

定員に達したため募集終了

衣紋と講演「装束司が話す宮廷装束の世界」

日本の美意識を創り出した平安という時代の衣装の魅力を、着せ付けの実演と共に語ります。

講師:黒田知子氏(宮廷衣装司)

展覧会図録 

「The KIMONO : Styled & Restyled  —ファッションとしてのきもの 1300 年—  」

企画監修:深井晃子
執筆:長崎巌、深井晃子、黒田知子、加藤圭子(公社 京都染織文化協会)
編集:佐賀裕子(㈱響映)
デザイン:竹澤麻子、中村亮太(スタジオバウ)
作品撮影:畠山崇
印刷・製本:株式会社スイッチティフ
発行日:2019年3月16日
発行:京都織物卸商業組合
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センター6階
TEL:075-353-1010 FAX:075-353-1013

価格:800円(税抜)

        ※展覧会会場のみの販売となります

 

会場:京都経済センター 内会議室

定員:50名(事前申し込みにて先着順)

参加費:無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要です)

申し込み方法

<お問い合わせフォーム>(ページ下部にあります

必要事項を記入のうえ、ご送信ください。追って申込受理の返信を致します。

・お名前:申込者(または代表者)

・Email:ご連絡可能なアドレスをご記載ください

・件名:「イベント申し込み」

・内容:①参加される方のお名前(複数の場合は全員分)

    ②ご希望のイベントテーマ名

    ③緊急時のご連絡先

    (上記Emailご希望の方は不要)

<​FAX>

必要事項を記入のうえ、ご送信ください。追って申込受理の返信を致します。

・お名前:申込者(または代表者)

・返信先:返信可能な番号またはEアドレス

・件名:「イベント申し込み」

・内容:①参加される方のお名前(複数の場合は全員分)

    ②ご希望のイベントテーマ名
    ③緊急時のご連絡先

    (上記返信先ご希望の方は不要)

 ・FAX番号:075-353-1013

          

 
 

​お問合せ

2019年3月29日を持ちまして、展覧会は終了いたしました。

ご来場いただきありがとうございました。

 

The exhibition has come to an end on 29 March 2019. Thank you for your visit.

Copyright © 2019 KOMS. All Rights Reserved.